家を建てるときに土地や工事費、設計料以外でかかる費用

今回は、実際に家を建てて取得するまでに、

  • 土地の値段
  • 家を建てる工事費

など以外にかかってくる費用とはどんなものがあるのか? について書いてみようと思います。

土地や工事費、設計料以外の費用の種類

当然、土地や工事費、設計料以外にも、税金だったり、何だったりで、ちょこちょことお金はかかってきます。いわゆる、車を買うときの「諸費用」と同じ感じと思ってもらえればわかりやすいかもしれません。

見えない部分のお金なので、非常に実感の沸かないものなのですが「どうにかすれば支払わないで済むようなもの」ではないので、きちんと知っておく必要があります。 

まずは、項目を書き連ねていってみます。
わかりやすいように、一例としまして、

土地 + 建物 = 4000万円程度

として考えてみようと思います。

土地を買うときの費用

仲介手数料 土地代の3%+6万円+消費税
印紙代 一般的な住宅地であれば2万円
公祖公課負担金 初年度固定資産税の月割分
ローン手数料 ローン会社への手数料:3万円
ローン保証料 ローンを組むのに必要な保証料
ローン印紙代 ローン契約書に貼る印紙代:2万円
登記費用(移転登記) 土地の評価額による:15万円~25万円
登記費用(抵当権設定) 借入額による:13万円
団体信用生命保険 ローンに含まれる:0円
合 計 大体ですが150万円くらい

※ 上記は仮定の一例です。

※ 数字が書いていないものは、結構巾があると考えてください。

建物を買う・建てるときの費用

印紙代 建築費による
上下水道に係る負担金 市町村に支払う費用:50万円
ガス引込代 ガス管を引き込む工事:20万円
ローン手数料 ローン会社への手数料:3万円
ローン保証料 ローンを組むのに必要な保証料
ローン印紙代 ローン契約書に貼る印紙代:2万円
火災保険料 地域や内容により異なる
登記費用(表示費用) 建物規模による:10万円
登記費用(所有権保存登記) 建物規模他による:5万円
登記費用(抵当権設定) 借入額による:10万円
合 計 大体ですが180万円くらい

※ 上記は仮定の一例です。

※ 上記の中には、場合によって建築工事費に含まれているものもあります。

その他の費用

地鎮祭 神社による:40万円
上棟式費用 お祓い、弁当など、
引越し代 10万円
仮住まい費用 建築中の仮住まい、期間による
雑費
町内会費、新しい家具代など

※ 上記は仮定の一例です。

※ これは様々ですので巾がかなり出る項目です。

以上で原則は全てとなりますが、これらを合計してみますと、

大体400万円くらい

になります。

土地 + 建物 = 4000万円 の想定でしたので、

実に1割アップ

ということになります。

もちろん、これはあくまでも「大体」の数字ではありますが、少なくともこのくらいの金額は、

土地代と工事費以外に用意の必要がある

と考えておくのが安心と思っておきましょう。