「構造計算」のワナ

「構造計算」「構造計算」と、耐震偽装事件以来、何かとテレビや新聞で世間を賑わわせています。

構造計算について

この「構造計算」これが行われているはずだから、世の中の新しい建物は、どれでも安心だ!と、思っていませんか?

たしかに、原則論はそうです。実は一部違うところもあるので、それについて今回は記事にしようと思います。

※ 今回記事にします「構造計算」の必要な基準については、法的には細かく分類されていますが、ここでは複雑化しすぎないよう、わかりやすく単純化してまとめております。

構造計算は全ての建物に対して行われているのか?

と申しますのも、

  • 鉄筋コンクリート造(RC造)で2階建て以上の建物
  • 鉄骨造の建物で2階建て以上の建物

ならば、まず間違いなく、この構造計算はきちんと行われているはずですので安心です。しかし、

木造2階建てで一定規模以下

の場合は、そもそも確認申請時に「構造計算書を提出しなくて良い」のです。

では、この「一定規模以下」とは具体的にどのくらいの規模でしょうか?

構造計算書が不要な建物の規模

その規模はこのような感じとなります。

  • 木造の建物
  • 2階建て以下
  • 延床面積500㎡以下
  • 高さ13m以下
  • 軒の高さが9m以下

つまり、普通の規模の2階建て木造住宅 なら、大半がこれに該当するということになるのです。

これが構造計算のワナ

だと思うんですね。確認申請を出す建物は「全て同じように構造計算が行われている」と一般の方々はついつい思ってしまうと思うからです。

構造計算書を提出しなくて良いと言うことは、当然、

法的に義務付けられた構造計算はしなくて良い

ということです。構造計算にはもちろん手間暇がかかりますから、費用が発生します。なのでその分設計料は高くなります。

では、一般的な木造2階建ての住宅は完全に構造については無視なんですか? と言いますと、もちろんそういうわけではありません。

構造計算の不要な建物の構造はどう考えているの?

簡単に言うと、詳細な構造計算ではなく、

  • 簡単な計算
  • 構造のチェック

だけでOKです、ということなのです。

チェックというのは、例えば、

  • 柱の径はこうしなさい
  • 土台と基礎部分はこう緊結させなさい

などです。しかし、悪く言えば、そう言った簡略化されたハードルを超えただけでOKだと言うことにもなってしまいます。

しかし、たしかに2階建ての木造は全体重量が軽いと言うこともありますし、実際はそこまで詳細な計算をしなくても、一定の基準さえ満たせば大丈夫だろう、という有識者達の研究の結果でもあると思いますので、あまり心配をし過ぎなくても大丈夫とは思えます。

では、今回の記事を通して何が言いたいのか?と言いますと、このことを知っておいて欲しい、と言うことです。

もし、家を建てる際に、

耐震性能が何よりも大事だけど、木造2階建てにしたい

と言うような場合、建主様側から「構造計算は別途してもらいたいです」と言われなければ、設計者側はまず構造計算はしません。法律で良しとされているわけですから。これは、工務店でもハウスメーカーでも設計事務所でも同じです。

なので、知っておいて欲しいのです。

「選ぶ・選ばない」は建主様の自由です。
構造計算による「より一層の安心感が不要」であれば何の問題もありません。しかし、それが欲しいのにも関わらず「知らないから依頼できなかった」では後味の悪いものとなってしまうと思うのです。

※ ちなみに「住宅性能表示の耐震等級」においても、法律上構造計算の不要な建物の場合は構造計算は不要で、一定の基準を満たせば住宅性能評価の等級が付与されます。

 関連  旧耐震基準と新耐震基準とは何か?

 関連  地震から建物を守るための3つの方法